トップイメージ

おすすめ観光スポット

ホテルスタッフが特におすすめする、観光スポットをご紹介!!

【出水武家屋敷】

  車で5分/徒歩20分

出水市の麓町を中心とした住宅地一帯は、平成7年に国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されました。
出水麓は、出水郷に赴任する薩摩藩士の住宅兼陣地として、中世山城である出水城の麓の丘陵地帯を整地して作られたところです。その整地には、関ケ原の戦いの前年(1599年)、本田正親が初代地頭に着任してから、3代地頭の山田昌巖の治世下まで、約30年かかりました。出水麓は、薩摩藩内で最も規模が大きく、藩内のほかの麓は、出水に倣ったといわれています。

  

  

出水は、肥後(現在の熊本県)と薩摩の国境の町として、藩の防衛上重要な町であることと、一国一城制度下の薩摩藩の外城制度(島津氏による、藩体制強化のための政治制度)により、出水には数多くの薩摩藩士を郷士として住み着かせ、藩境の防衛の任に当たらせました。武家屋敷とそのまち並みは、当時からの薩摩藩士の気風を今に伝えるかのように、整然とした趣と閑静な佇まいを感じさせます。
国の重要伝統的建造物保存地区に選ばれたこの地区は、面積約44ヘクタールの広さを有し、出水市指定文化財である、出水假屋門・武家門・石垣・生垣や竹添屋敷など4軒の建築物があるほか、伝統的建造物として特定された建造物などがほぼ昔の姿で残っており、当時の面影を今に伝えています。

【上場高原】

  車で25分

広瀬川上流の台地。出水市内を一望でき、天草まで見渡せます。縄文時代の竪穴式住居跡があり、春は10万本を超える菜の花、秋は25万本のコスモスが一面に広がる公園もございます。 標高 : 576m

  

  

  

【クレインパーク】

  車で5分/徒歩20分

ツル博物館は、「ツル・出水・ふれあい」をテーマに、ツルを代表とする出水の自然資料を収集・保管・展示し、訪れる人々に学習の場や情報を提供するとともに、ツルに関する調査研究を行い、ツルに関する拠点的文化施設を目指すことを目的として設置されました。
ツルのいない季節に訪れていただいた方々にも出水平野の豊かな自然に親しんでいただけるよう努めています。また、自然観察会や公開講座、講演会を通じて、出水の動植物をはじめとする自然環境に関する情報発信も行っています。

オンライン予約

PAGE TOP

オンライン予約

予約する

施設名

ご宿泊日(年/月/日)

/ /

ご宿泊人数
(1部屋の人数をご入力ください)

大人:

ご予算(1室もしくは1人あたり)

まで




 

ネットからの宿泊予約には、Web会員登録が必要です。ポイントメンバーズカードとは異なります。
  

会員登録
→

登録する

→

確認・変更・取消する

→

パスワードをお忘れの方

→

利用規約

→

個人保護情報について

---
最安値保証