「暑さ寒さも彼岸まで。」…。
言葉通りここ数日でめっきり秋めいてきました。
秋のお彼岸といえば「おはぎ」。
よく言われる「おはぎ」と「ぼたもち」の違い、ご存知ですか?
実は、おはぎとぼたもちは基本的に同じもので、違うのは食べる時期だけなのです。では、ぼたもちとおはぎをこう書くとどうでしょう?「牡丹餅」「お萩」。ピンときた方もいらっしゃるかもしれません。

ぼたもちは、牡丹の季節、春のお彼岸に食べるものの事で、あずきの粒をその季節に咲く牡丹に見立てたものなのです。一方、おはぎは、萩の季節、秋のお彼岸に食べるものの事で、あずきの粒をその季節に咲く萩にに見立てたものなのです。

よって、春はぼたもち、秋はおはぎと春秋使い分けないといけないのですが、今は年中おはぎで通すお店が圧倒的に多いようです。

…ともあれ「行楽の秋」「食欲の秋」アクティブに行動しましょう。

ホテルウィングインターナショナル相模原T・K