前回のブログでは霧島神宮をご紹介いたしました。

今回は同じ日に鹿児島市まで足を伸ばしたので、その時のことを書こうと思います。

JR国分駅から鹿児島中央駅行きの電車に乗って終点を目指します。

途中、錦江湾に沿って走っている時に海と桜島がキレイに見えます。

鹿児島中央駅を下車して、西郷隆盛所縁の地巡りを始めました。

天文館から鹿児島城(鶴丸城)方面にしばらく歩くと西郷隆盛像が見えてきます。

そのまま鶴丸城前を通過すると、西南戦争時の銃弾の跡が残る城壁が見えてきます。

次に訪れたのは西郷隆盛終焉の地(史実とは逆の周り方をしてしまいました)。

太腿を撃たれた西郷翁は、この地で自害したとされています。

次に向かったのは西郷洞窟。

西南戦争の際、この洞窟に身を隠していたと言われています。

あの大きな西郷隆盛がこんな小さな洞窟に身を隠していたとは俄かには信じられませんでした。

最後に向かったのは城山展望台。

ここ城山は西南戦争の激戦地でした。

今は桜島が真正面に見える、素晴らしい景色を見ることが出来ます。

西郷翁もここから桜島や薩摩の街を眺めていたんだと思います。

都城駅から鹿児島中央駅まで約1時間40分です。