今回で宮崎県紹介ブログが7回目になります。

今回は宮崎県縦断の旅の軌跡をご紹介いたします。

都城駅を始発の電車で出発し、日向駅にて下車。日向駅でレンタサイクルを借りてまず向かったのは馬ケ背。

日本一の柱状岩との事です。

この辺りは写真のような断崖絶壁が続いていて、個人的には少し怖かったですが景色はとてもきれいでした。

すぐ近くにはクルスの海というのがあります。

これは上空から見ると「叶」という字に見えるような岩の配置になっている為、願いが叶う海と呼ばれています。

さらに細島灯台という、国の有形文化財にも登録されている灯台もあるので行ってみました。

ここの灯台は「日本ロマンチスト協会」によって「恋する灯台」に認定されており、2組のカップルが先客としていました。

どうやら男一人で来る場所ではなかったようです…笑

日向市駅まで戻り、次に向かったのは日向市役所。

「日向」市ということで、過去に宮崎ロケとかもあったし何か日向坂に関連するものがあったりするのかな?と淡い期待を抱いて行ったのですが何も無く…

その代わりにジョニー黒木氏、青木選手、内川選手関連のユニフォームや野球道具が展示されておりました。

ジョニー氏、青木選手は日向市出身という事で、名誉市民に認定されており、内川選手は日向市で自主トレを行っていることから展示されているようです。

本当行って良かったです。

日向市駅にはジョニー氏、青木選手の手形のレリーフも展示されていました。

日向市駅を後にして、次に向かったのは都農。

都農駅で下車し、徒歩で都農神社へ。

これだけ広くて立派な神社を独り占めしてきました。

都農神社は宮崎県内でも有数のパワースポットとして知られており、様々な願掛けをすることが出来ます。

都農神社でお参りした後は、県民総選挙で1位を獲ったというチキン南蛮を頂きに「田舎家」さんへ。

「お客さんも少ないし、ちょうど店じまいしようと思っていた」タイミングでお邪魔したので、ご飯とお味噌汁のおかわりをサービスして頂きました。

てげ美味かったです。

次に乗りたい都農駅発の電車は20分後、Google Mapによると徒歩での所要時間28分。

満腹になったお腹で走り始めました。そこへちょうどいいタイミングでタクシーが来たので、あまりお金を使いたくはなかったけど乗車。

10分前に駅に着いたんですが電車が10分遅れており、結果的には歩いても間に合ってたようです。

次に向かったのは宮崎駅。

ここでもレンタサイクルを借りて北上。

聖地巡礼ブログでご紹介したフェニックス動物園、住吉神社、シーガイア、サンビーチ一ッ葉を巡り、宮崎神宮へ行きました。

フェニックス動物園までの道中には「九州・沖縄サミット開催記念碑」が建っていました。

宮崎神宮もまた独り占め。

最後に宮崎県庁へ寄り、縦断旅は終了です。