【マツダスタジアム】

プロ野球チームのフランチャイズ球場としては一番新しく、2009年にオープン。その年の4月10日に開催されたこけら落としの試合にも行きました。

コンコースの道幅が自動車がすれ違えるほど広く、グルメやグッズも充実しています。

3枚目の写真は義父の仕事の手伝いでヘリコプターに乗った際、上空から撮影したものです。

【旧広島市民球場】

 

カープのマツダスタジアム移転に伴い、2008年シーズン限りで閉鎖された旧広島市民球場。

マツダスタジアムのこけら落としの試合を見に行った際に立ち寄ってみたところ、スタンドまでは自由に中に入れたので撮影してみました。

客席のベンチは撤去され、かつては売店だった場所もご覧の通り。

2009年3月にこの球場で最後に開催された阪神とのオープン戦も見に行きました。

【呉二河球場】

二河と書いて“にこう”と読みます。カープが県内の地方球場開催の際に使用する球場のうちの一つです。

かつては南海ホークスがキャンプ地として使用していました。

JR呉駅から徒歩15~20分くらいのところにあります。

内野スタンドの後ろには民家があり、ファールボールが球場の外に出るたびに少し心配になります。

【尾道しまなみ球場】

公共交通機関を利用する場合、JR尾道駅/山陽新幹線新尾道駅からバスかタクシーに乗らないとたどり着けない、山の中にある野球場です。

アクセスは最悪ですが、高校野球の広島大会決勝はこの球場で行われます。

また、自家用車で行く場合、早く着きすぎると駐車場の最奥部に停めさせられ、更に駐車場から出た後も一本道な為、試合後に駐車場から出るのに1時間半ほどかかります。

その後広島市内までは高速道路を使って1時間程度で帰れました。

【三次きんさいスタジアム】

2009年に完成したスタジアムで、球場のすぐ隣は大型の公園、道を挟んだ向かいにはBBQもできるワイナリーがあり、ナイターの日でも午前中から楽しめます(必ず運転手は確保してくださいね)。

この球場はJR三次駅からはそれなりに近いですが、広島方面へ向かう電車の終電が早いのと、三次駅周辺にはそこまでホテルが多くないので車移動がオススメです。

【高松レクザムスタジアム】

この球場には広島と横浜(DeNAになる前)のオープン戦で行きました。

JR香西駅からバスで約25分程かかり、こちらもアクセスはあまり宜しくはないです。

【松山坊ちゃんスタジアム】

2005年に古田敦也選手が2000本安打を達成した球場。

地方球場としては設備が整っており、収容人数は四国一です。

アクセスもJR市坪駅すぐの好立地!(市坪駅は松山駅から一駅です)