鳥取県八頭郡にある隼駅。
ここはバイクの聖地と呼ばれており、毎日バイク好きの人々が集まる無人駅です。
なんでもスズキの大型バイクの名称にちなんで、
8月8日を「ハヤブサの日」としたことがきっかけでこの隼駅に人が集うようになったそうな。
駅には来訪者向けのノートが置いてあり、毎日バイク好きの人からのメッセージが寄せられていました。
他にも駅内に本が置いてあってだれでも自由に読める様になっていたり、
等身大の人形が駅構内のベンチにお座りさせられていたり、
レトロな駅舎を売店として活用していたりと、
見るところの絶えない魅力的な駅です。
バイクが好きな方もそうでない方も、ぜひ趣のある隼駅を訪ねてみてはいかがでしょうか。