北野天満宮に行ったときに、梅を干しているところを見つけました。
梅50種類を約1,500本ある天満宮では「梅仕事」と呼ばれるものがあり、
そこで干した梅を「大福梅」として12月13日頃から授与しているようです。
梅の種には天神様がいると言われており縁起物としても知られていることから
天神様を祀っている神社のほとんどに梅林があるそうです。
鎌倉で有名な天神様を祀っている神社は荏柄天神社(えがらてんじんしゃ)といい、
多くの作家のイラストが描かれている、絵筆塚でも有名です。
2月に入り、梅の見ごろも近づいてきているので、
受験で毎日忙しい方もすこしだけ頭を休め、
是非梅の香りを楽しみながら天神様を祀っている神社に参拝するのは如何でしょうか。