東京国立博物館にて展示されました、刀・関兼定です。
個人蔵の刀はあまり展示される機会がないのですが、
個人的に之定の作に思い入れがあるので、
展示に立ち会うことが出来、感無量でした。
土方歳三が使ったとされる「和泉守兼定」や、
他にも柴田勝家や明智光秀などの名だたる人物たちが
兼定作の刀を所持していたといわれています。
残念ながら国宝に指定されている刀はありませんが、
どの刀も見ごたえあり、不思議な魅力を多く持ちます。
兼定展示の機会があれば、是非足を運んで見てください。