2月28日に東京は中目黒に、世界で5店舗目となる、

スターバックスリザーブロースタリー東京がオープンしました。

お馴染みのスターバックスの高級ブランドであるリザーブ。

このリザーブで使用しているコーヒー豆を、その場で焙煎し提供してくれるのが、このスターバックスリザーブロースタリーです。

建物はあの新国立競技場のデザインを担当した隈研吾さんが、一から設計、建築を担当されました。

      

流行りもの好きな私は早速足を運んでみました。

現在は大変人気なので、平日であっても入店まで1時間程度かかるようです。

ただ整理券配布をしていて、その整理券に何人待ちか表示され、また自分の順番が回ってきそうになると通知してくれる機能もあるため、少し時間を潰しに中目黒を散策して回ればあっという間に時間は過ぎると思います。

入店するとまず目に入るのは4階建ての天井まで突き抜けている、ロースタリーの象徴でもあるキャスク(貯蔵庫)です。

まさに圧巻です。

1階はロースタリーでしか販売していない限定グッズや、日本初出店のイタリアで超人気なプリンチのパンが並んでいます。

2階はここ最近力を入れているお茶のブランド、TEAVANA「ティバーナ」のコーナー。

3階は予約専用席も備えた日本初のバーサービス、ARRIVIAMO「アリビアーモ」でアルコールを使ったコーヒーが飲めたりします。

4階はフリースペースになっており、今後は色んなイベントもここで行われるとか。

どの階も大勢の人で賑わっており、席を確保するのが大変でしたが、常にワクワクさせてくれるその圧倒的な店作りはまさにエンターテイメントな世界でした。

これから訪れる桜のシーズンはより一層賑わう事が予想されますが、一見の価値ありだと思います。

当ホテルからは、四谷三丁目駅から丸の内線で新宿三丁目駅まで行き、お乗り換えで副都心線に乗り、中目黒駅下車後徒歩で10分程度です。

ご興味のある方は是非フロントまでお尋ねください。